ダイエットをすることで生じる体の影響について

ダイエット中には体に色々な変化が訪れます。

 

たとえば、食事制限を基本にする場合には、少ない摂取カロリーで体が動くように順応し始めます。長く続けていくと、かなり少量の食事でも体を動かすことができるようになります。これがどういうことを示すのかというと、少ないエネルギーで効率良く体を動かせる状態であると言えます。逆に考えると、それ以上のカロリーを摂取すると体が勝手にカロリー過多と判断し、体内に脂肪として蓄積されてしまう状態です。つまり、燃焼機能が低下して、代謝が悪くなっていますので、体を燃やしながら不要なものを代謝によって落とすということができなくなっています。

 
無理な食事制限をせずに、体内のバランスを整えながら痩せるには、代謝機能を高める必要があります。食べたものを上手く排出、あるいは燃焼させることができれば、少し多めに食事を摂っても太りません。代謝機能の活性化は、食べ物や運動で促すことができます。代謝を高める食べ物として挙げられるのは、玄米やナッツ、唐辛子、海藻などです。運動では有酸素運動が効果的であり、ゆったりとしたウォーキングがよく効きます。激しい運動は大量に汗をかくので効果が高いように思えますが、代謝機能の活性化には有酸素運動の方が向いています。