ダイエットと肥満が引き起こす体への影響

肥満になると重さで足腰に負担がかかることは言うまでもありませんが、その他にも糖尿病や高血圧、脂肪肝といった様々な病気の原因となるなど、肥満は体に大きな影響を与えます。

 

体重や体脂肪が増えてしまったらダイエットをしてこれらを減らす努力が必要となりますが、極端な食事制限や激しい運動をして無理な痩せ方をすると後にリバウンドをおこし、痩せる前よりも太りやすい体になってしまうおそれがあります。急激な体重減少は貧血、たちくらみ、筋力の低下やホルモンのバランスが崩れたことによる生理不順など健康にも影響を及ぼし、将来的に骨が脆くなる骨粗しょう症になる可能性も出てくるのです。

 

肥満は健康の敵ですが、しかし痩せすぎた体も健康にはあまり良くないのです。健康のためには十分な栄養と適度な筋肉、そして脂肪も必要です。脂肪は太る原因として食事で倦厭されたり体についたものは必死に落とそうとしますが、脂肪は体を保護する役目を持っていますので減らし過ぎないようにしましょう。

た、太り過ぎを指摘された場合、多くの人が焦りから無理な方法を選択しがちですが、健康に悪影響を与えず痩せるにはゆっくりと体のバランスを崩さないようにすることが大切です。

Comments are closed.