膝・腰への負担

膝や腰は上半身の重さを支えるために毎日酷使されている場所であるため、何もしないで立っているだけでもかなりの負担がかかります。

 
そのためダイエットで急にウォーキングやジョギングを始めた運動初心者は、まずどちらかを痛めてしまいダイエットを中断せざるを得なくなるのです。
これは通常時よりも歩いたり走ったりする時のほうがより大きな負担が体のあちこちにかかってしまうからです。

af9920061979m
特に適性体重をはるかにオーバーしてしまっている人の場合は、通常の運動ではなくプールがおすすめです。
プールの中なら浮力がかかるため、体に優しく運動を行う事が出来ます。泳がなくてもプールの中で歩いたり、アクアビクスなどを行うと体の筋肉をバランスよく鍛えることが出来て、有酸素運動を行う事が出来るためダイエットにとても効果的です。

 
ある程度プールで運動を続けると、体重が減って運動に必要な筋肉も鍛えられるため、そうしたら路上でのウォーキングやジョギングを開始しても大丈夫です。

 
関節に負担をかけないように、ウォーミングアップとクールダウンは毎回必ず行いましょう。自分の体と対話しながら無理なく毎日続けることで確実にダイエットに成功させることが出来ます。

Comments are closed.